ライド

台風21号の爪痕と六甲山にボッコボコにされた話

概要

ライド記録でもない記事ですが。
想像以上に台風の被害が大きく、備忘的に残しておこうかと…。

知人の何人かが六甲を登山するとのことで、
迎撃に六甲山をヒルクライムしてまいりました。

台風21号(チェービー)の爪痕

(2018/09/16 時点です)
・城北公園
いくつか樹が折れていて、進入禁止のテープが張られている箇所も多々ありました。

・神崎川
北側・南側の河川敷共にアウト。
完全に汚泥がたまっていて、走れる状態ではないです。
恐らく脚をついたらクリートがはまらない程度にはなりそうな。
また、匂いも酷い…。

・武庫川
西側しか見れていませんが、山陽新幹線の高架下をくぐって
河川敷の道路が広くなるところ?には砂利が。

・六甲山(逆瀬川ルート)
ヒルクライムルートは特に問題なし。
ただ、小笠峠は通行止めになっていました。
(写真撮ってなかったorz

他にも、
清滝峠の下り(小学校前)が通行止めになったり ⇒ 解除済み
阪奈道路の奈良→大阪(大阪行)が通行止めになったり ⇒ 1車線通行可

ちょっと、チェービーさんハッスルしすぎだろ…と。
台風で初めて怖いと思ったかもしれん。

六甲にボッコボコにされた話

富士ヒルが終わってからサボりがちだったのですが、
案の定ボッコボコにされてきました。

結果は、57:41…。
ブロンズを逃した去年の富士ヒル前よりも遅いタイム。

恐らくですが、FTP的には220W(3.5W/kg)ぐらいじゃなかろうか。
63W(1W/kg)分ぐらい弱体化してますね。
ホームコースだった清滝峠も、250Wが関の山。
以前は330Wあたりで登っていたはずなんですが…。

特に弱体化したのが分かるのが、脚はもちろんですが、
体幹回り
ヒルクライム時の前傾姿勢が維持できない。
⇒ 力の入らない姿勢で脚だけで無駄に踏む。
⇒ ペースが維持できずタイム悪化。
でしょうか。

大きなサイクルで見ても、
サボる普段通り動けない辛いサボる
のダメなループに…。

6月~現時点 の4か月で総走行距離1000km未満。
走っていない原因は、仕事だったり、体調だったり幾らでもありますが、
何より「(富士ヒルで)燃え尽きた感が…。」

そもそも、私の中で速くなりたい理由って
「いままで無理だった遠い場所へ行きたい」
だったはずなので。

ちょっと行きたい場所を見つけて、ボチボチ頑張ろうかなと。
十津川村とか行ってみたいなぁ。
(部署が変わりバタバタしてますけど…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です