ライド

麺屋NOROMAのキムラ先輩を食べに

目次

概要

2022年5月15日。
毎年、「これを食べなければ夏は始まらない」と個人的に毎年食べているものがある。

それは、キムチとラー油がこれでもか!と入ったまぜそばで、
ピリッと辛く汗が出てきても箸が止まらない。
締めの追い飯をかっ込むまで水を飲むのすら勿体ないと感じる。

麺屋NOROMAのキムラ先輩だ。

夏季限定のキムラ先輩がすでに解禁されているようで、早速向かうこととなった。

今回の参加メンバーは2名。
・KeiOSさん
・私

ルートはKeiOSさんに立案いただきました。
いつもありがとうございます。

KeiOSさんの記事はこちら

見知った風景

9時に清滝峠近くのセブンイレブンに集合だが、7時半に出発。

本日のお供は「十津川 飛香(とつかわ あすか)
奈良県の十津川温泉の温泉むすめである。

パネルやグッズは、十津川温泉ではなく湯泉地温泉(とうせんじおんせん)だけど。
硫黄臭があり、源泉温度60度と冬に入ると格別である。

遅刻魔で有名な私であるが、
「先に清滝でウォーミングアップしておけば遅刻しないのでは?」とひらめいた。
サイクリストとは時に変な思考に陥る集団なのかもしれない(私だけか?

ということで、軽く2本登って集合場所へ。
今回もお世話になっております!

再び、定点観測。
KeiOSさんを先頭に、他愛のない話をしながらのんびりと。

清滝峠頂上の交差点を少し直進したところにお地蔵さんが。

信心深いわけではないが、安全にダウンヒル出来るように。
という精神集中のルーティーンとして毎回挨拶している。

清滝峠を奈良側へ下り、r65で鳥谷池へ。
何故か写真を撮りたくなる場所でもある。

そして、精華町の京町セイカちゃん。
精華町の広報キャラクターでもあり、ボイスロイドにもなっている方ですね。

サイクルジャージ姿も可愛い。

けいはんなのほうへ。
この辺りもよく通る道だが、季節ごとに景色が変わるので楽しい道だ。

キムラ先輩、お久しぶりです!

そのまま木津を抜け、奈良市内へ。
11時前に今回の目的地、麺屋NOROMA へ到着。

開店前ではあるものの、すでに20名程度が店頭に並んでいた。

並んでいる最中にメニューを渡され、先に注文をしておく。

20名の待ち。。。
長期戦になりそうかと思われたが、列のハケもよく20分ほどで着席できた。

待ってました(特選)キムラ先輩!
これを食べねば夏は始まらぬ。

上に乗ったキムチ、底に沈むラー油。
このジャンキーな食べ物を、すぐさま食べたいところではあるが、
まずはキム×ラー(もしくはラー×キム)とすべく、丁寧に混ぜて一気に食せ!
そして、追い飯を忘れるな!

言葉を発することなく、完食。
最後に水を飲んでいるときの思うのだった。
「俺たちの暑い夏が始まった!」と。

夏が始まったのならデザートはもちろん……

キムラ先輩を食べ、満足感に浸っていたが、
辛い物を食べたら甘いものを食べたくなるのが人間というもの。

デザートを食べに出発。

来た道を帰るのも面白くないので、r751を北上。
平城宮跡。

「納豆ねばねば平城京」って言いませんでした?って話で盛り上がった記憶。
正しい語呂合わせは「なんと大きな or 立派な平城京」だけど、
なぜか「納豆ねばねば」が記憶に残っている。

この辺りは歌姫街道と言うらしい。
道沿いの添御縣坐神社の楠が立派である。

木津へ戻り、ここからは木津川サイクリングロードへ。
この辺りまで来たら慣れた道。

なんとなく並走している近鉄電車がキレイに撮れた。

流れ橋。
ここまでくれば、八幡までもう少しという気がする。

というのも、サイクリングロードというものは景色の代わり映えが少なく、
どこを走っているのかイメージがしずらいため、距離感覚が狂うのである。

ということで、走井餅老舗 へ到着。

先ほどから夏が始まったので、やはりかき氷を。
辛い物を食べて温まった身体を冷やしてくれる。

冬のぜんざいも絶品なので、いつ来ても満足度の高い良い場所である。

食べた分のカロリーはどこへ?

淀川の河川敷を関西医大前まで。
ここで解散。
食後のヒルクライムにお誘いしたが、膝の調子が良くないようでお断りされてしまった。

この後、悲しい出来事が起こるのだが、無理にでも誘えば良かったというのは、後の祭り。

私はR168を南下し、傍示峠のほうへ。
交通量も少なく、木陰が多いので心地の良い峠だ。

登頂。

ここで休憩しつつ、Twitterを見ていると衝撃なことが。。。

淀川河川敷の車止め(通称:メタルクワガタ)でやってしまったようだ。。。

他人のものとはいえ、傷ついた愛車を見るととても辛い。
特にご本人も可愛がっていたゆえ、なおさらである。

よくご一緒させていただく方々でも車止めでの事故はよく見るので、気を付けたい。

愛車がパワーアップして帰ってくることを楽しみにしています。

帰りにはもう一度、清滝峠を。
まさか3回も挨拶するとは思わなかった。

ダウンヒル中にはタケノコの落下物が。。。
道端に避けようかと思ったが、車が多く止まれそうになかったのであきらめた。

そんなこんなで、距離のわりに食べた分のカロリーは消費できた?ライドだった。

最後に

KeiOSさん、企画からルートまでありがとうございました!

5月中旬ではありますが、「夏」を感じるライドでした。
(この記事を書いているのは9月末なんですけどね。。。

今回の走行データ

走行距離:131.0km
走行時間:6:21:32
平均速度:20.6km/h
獲得高度:1,632m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です